取り組み事例

登録可能性の高い商標をお客様と連携し決定した事例

大阪府 IT関連 株式会社エモルヴ

(株)エモルヴ様は、ネット通販やネットオークション等のシステムを開発しておられるIT関連企業です。当時は、自社開発したシステムを用いたオークション形式のネット通販事業等を立ち上げるので、その通販サイト等のサイト名を商標登録したいということで、弊所に相談に来られました。

通常は、お客様が商標登録したいと考えておられる商標を提示していただき、その商標と、その商標を使用する全ての商品やサービスとの組み合わせについて商標調査を行い、その商標の登録可能性を判定します。そして、その商標の登録可能性が高ければ、出願するという流れになります。

しかしながら、商標調査を行うと、同種の商品やサービスについて、既に、他人の登録商標が存在しているために、お客様から提示していただいた商標を登録することができない場合が多々あり、そのような場合は、お客様に、その商標の使用を断念して頂かねばなりません。特に、お客様が、その商標を使用することを前提に商品販売等の準備を進められているような場合は、ラベルやチラシ等の印刷物が無駄になると共に、商品の販売スケジュールにも影響が出かねません。

特に、エモルヴ様のように、取扱商品が多岐にわたっている場合は、お客様から提示していただいた商標を全ての商品やサービスについて登録できる可能性は低くなります。例えば、ほとんどの商品については、十分な登録可能性があるが、ある特定の商品については、既に他人の登録商標が存在するため、登録可能性が極めて低く、結果的に、その商標の使用をあきらめなければならないという場合です。

新しいスタイルの提案

そこで、エモルヴ様には、商標の決定段階から弊所が関与することで、お客様が使用しようとする全ての商品やサービスについて登録可能性の高い商標を決定していくことをご提案しました。つまり、弊所が商標調査を行いながら、お客様と共に登録可能性の高い商標を決定していくという新しいスタイルです。

エモルヴ様には、この提案を受け入れていただき、お客様と弊所との共同作業で、登録可能性の高い商標を決定し、その商標を出願しました。最終的に、その商標は、お客様が使用しようとしていた全ての商品及びサービスについて登録が認められました。

このように、お客様と連携して登録可能性の高い商標を決定し、それを権利化するという新しいスタイルは、お客様の事業リスクを回避するという意味においても、有効であると考えます。

これを機に、弊所では、第3希望まで使用したい商標をご提示いただき、調査の上、最終的に商標登録が可能な商標を決定し、その商標を出願させていただく「ネーミングサポートプラン」を設けておりますので、ご利用いただければと存じます。

お問合せ・お見積りは「無料」です。お気軽にご連絡ください。

06-6535-0181(受付時間:平日月-金 9:00-17:00)お問い合わせ・お見積り

中小企業知財ニュース

お名前
Email

無料見積り受付中

お問い合わせ・お見積り

プロフィール 西村 陽一

詳しくはこちら

ブログ 新着情報

一覧へ
2014.06.18
​特許調査(2)
2014.06.11
特許調査(1)
2014.06.04
アップルとグーグル和解
2014.05.28
コンピュータ・ソフトウエアの保護(8)
2014.05.21
TPP知財分野合意へ 日米など12カ国著作権保護「70年」
このページのトップへ