ブログ

​特許調査(2)

2014.06.18 10:00

<特許データベースの種類>

特許データベースには、無料で利用できるものと有料のものとがあります。いずれも、特許庁から提供されるデータを収録していますので、検索されるデータ自体に差はありませんが、検索機能、検索データの出力機能、検索データの分析機能、検索データの保存機能等に差があるようです。つまり、有料のデータベースのほうが、使い勝手が良いということです。

無料で利用できるデータベースとしては、各国特許庁が提供しているデータベースがあり、インターネット接続環境があれば、誰でも利用することができます。
各国特許庁が提供しているデータベースは、基本的に審査官用のデータベースを、データ量、検索機能、出力機能を制限した状態で一般に開放しています。

1)日本特許庁
特許電子図書館(IPDL) http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl
※外国特許、国際特許出願についても検索できますが、出力機能に制限がかけられています。
2)米国特許商標庁
Patent Full-Text Database(PatFT, AppFT)  http://patft.uspto.gov/
3)欧州特許庁
Espacenet http://worldwide.espacenet.com/
4)国際事務局(WIPO)
Patentscope http://patentscope.wipo.int/search/ja/search.jsf
※国際出願の検索(日本語で検索可)

なお、欧州特許庁のEspacenetには、米国、日本、中国等の複数国のデータが収録されていますので、これからデータベースの使い方を学ばれる方は、Espacenetがお勧めです。

お問合せ・お見積りは「無料」です。お気軽にご連絡ください。

06-6535-0181(受付時間:平日月-金 9:00-17:00)お問い合わせ・お見積り

ブログカテゴリー

中小企業知財ニュース

お名前
Email

無料見積り受付中

お問い合わせ・お見積り

プロフィール 西村 陽一

詳しくはこちら

ブログ 新着情報

一覧へ
2014.06.18
​特許調査(2)
2014.06.11
特許調査(1)
2014.06.04
アップルとグーグル和解
2014.05.28
コンピュータ・ソフトウエアの保護(8)
2014.05.21
TPP知財分野合意へ 日米など12カ国著作権保護「70年」
このページのトップへ