ブログ

ネーミング(4)

2013.05.22 10:00

今回からは、ネーミングの案出作業についてお話します。

ネーミングの案出作業は、[キーワードの抽出]→[キーワードの展開]→[ネーミング(造語)作業]→[言語調査]→[商標調査]→[ネーミング案の決定] という流れになります。今回は、1.キーワードの抽出、2.キーワードの展開について説明し、次回は、3.ネーミング(造語)作業、4.言語調査、5.商標調査、6.ネーミング案の決定について説明します。

1.キーワードの抽出
ネーミング・コンセプトから、想起されるキーワードを発案するプロセスです。キーワードは、一般的に、日本語のほか基本的な英語が中心となります。ここでは、ネーミング・コンセプトから逸脱しない範囲で、可能な限り様々な視点から、自由にキーワードを発案し、ネーミング・コンセプトの「柱」ごとに分類・整理します。
このプロセスでは、商標調査により、同種の商品・サービスについての商標出願や商標登録の事例を調べ、同様のネーミング・コンセプトに基づくと思われる代表的なキーワードを抽出することが重要です。
最終的なネーミングは先行事例と類似することを避けねばなりませんが(特に、他人の登録商標に類似する場合は、他人の商標権を侵害することになりますので、注意してください。)、ネーミング・コンセプトが共通の先行事例に多用されるキーワードは、やはり需要者の反応が良いものが選ばれていますから、次の「2.キーワードの展開」の材料としては有益な情報と言えますので、「素材」としての有力なキーワードは押さえておく価値があるといえます。

2.キーワードの展開
次に、抽出したキーワードを、前回お話ししました「よいネーミング」の条件である機能性(読みやすい、言いやすい、聞き取りやすい、覚えやすい)を念頭におきながら他のワードへと展開します。一般には次のような方法で展開する場合が多いです。
1.同義語、類似語への展開
例)「美しい(beatiful)」
→(日本語)可憐、美麗、綺麗 等、
(英語)pretty、lovely、elegant、bonny 等
2.他の言語への展開
例)「美しい(beatiful)」
→bello(伊)、schon(独)、beau(仏)、hermoso(西)、漂亮(中) 等
3.象徴語、連想語への展開
例)「美しい(beautiful)」
→Venus(ローマ神話)、Freya(北欧神話) 等
このプロセスでは、ヒット商標の事例を調べることにより、キーワードの展開作業へのヒントを見つけることも重要です。

お問合せ・お見積りは「無料」です。お気軽にご連絡ください。

06-6535-0181(受付時間:平日月-金 9:00-17:00)お問い合わせ・お見積り

ブログカテゴリー

中小企業知財ニュース

お名前
Email

無料見積り受付中

お問い合わせ・お見積り

プロフィール 西村 陽一

詳しくはこちら

ブログ 新着情報

一覧へ
2014.06.18
​特許調査(2)
2014.06.11
特許調査(1)
2014.06.04
アップルとグーグル和解
2014.05.28
コンピュータ・ソフトウエアの保護(8)
2014.05.21
TPP知財分野合意へ 日米など12カ国著作権保護「70年」
このページのトップへ