ブログ

中国進出時の失敗事例(1)

2013.02.27 10:00

●現地販売代理店関連

・現地販売代理店に商標登録を任せたら、代理店名義で商標登録されてしまった

<対応策>

中国語で記載された書類に闇雲に署名、捺印しない。

出願権の譲渡証と出願の委任状とでは意味が全く違うので、書類の内容を確認した上で捺印することが重要。

※出願権の譲渡証に署名、捺印してしまうと、取り返しのつかないことになる。

 

・販売代理契約に商標使用の約定がないため、商標を勝手に使われてしまった。

<対応策>

看板、カタログ等、どこまでの使用を許諾するのかを契約書に明確に定めておく。

また、現地販売代理店が名刺に日本企業のロゴを印刷したり、自社のロゴと日本企業のロゴとを並記したりする(ジョイントブランド)ことがあるので、契約書には商標の使用の態様まで規定しておくことが重要。

 

・代理店募集の広告を出したら、勝手に商標登録されてしまった。

<対応策>

現地代理店を募集する前に、中国において商標等の出願手続きを済ませておく。

 

お問合せ・お見積りは「無料」です。お気軽にご連絡ください。

06-6535-0181(受付時間:平日月-金 9:00-17:00)お問い合わせ・お見積り

ブログカテゴリー

中小企業知財ニュース

お名前
Email

無料見積り受付中

お問い合わせ・お見積り

プロフィール 西村 陽一

詳しくはこちら

ブログ 新着情報

一覧へ
2014.06.18
​特許調査(2)
2014.06.11
特許調査(1)
2014.06.04
アップルとグーグル和解
2014.05.28
コンピュータ・ソフトウエアの保護(8)
2014.05.21
TPP知財分野合意へ 日米など12カ国著作権保護「70年」
このページのトップへ